トップページ  Index  Search  Changes  Login

USBメモリからReactOSをインストールする

!!!DANGER!!!
ターゲットデバイスの指定を誤るとOSや重要なデータを消去することになります。
必要に応じてバックアップを取った上で、慎重に作業を進めて下さい。
記述を鵜呑みにせず、アプリケーションの公式ドキュメントで裏付けを取ることを心掛けて下さい。
用いるUSBメモリ内に事前に存在していたデータは全て上書きされ消滅します。
実行前に重要なデータが入っていないか確認することを推奨します。

公式フォーラムの関連トピック

How to install ReactOS to a netbook (or other) via USB
https://www.reactos.org/forum/viewtopic.php?f=22&t=16985

要旨

外付けUSB光学ドライブからの起動に失敗する場合、ddでisoイメージをUSBメモリやSDカードに書き込み、そこから起動出来ることがある。

書き込みの際にはUSB問題対応済みの iso イメージを用いること。

古いマシンでは、大容量のUSBメモリからブート出来ない場合があるので注意すること。

USB 問題対応済み iso ファイル配布所

dd、及びそれに相当する機能を有するソフトウェア

Rufus
http://rufus.akeo.ie/
DD for Windows
http://www.si-linux.co.jp/techinfo/index.php?DD%20for%20Windows
UNIX系
https://ja.wikipedia.org/wiki/Dd_(UNIX)
https://www.unix.com/man-page/posix/1posix/dd/
コマンドラインの一例
dd if=/path/to/imagefile of=/path/to/targetdevice

容量が小さくなってしまったUSBメモリの初期化

以下を参照のこと
SOFTELメモの「容量が変わってしまったUSBメモリを元に戻す」
https://www.softel.co.jp/blogs/tech/archives/5608
ktyubeshi氏の「USBメモリに出来た複数のパーティーションをWindowsの標準機能だけで削除する」
https://qiita.com/ktyubeshi/items/e71dd89722db85081284
Last modified:2018/03/30 22:49:45
Keyword(s):
References:[外付け光学ドライブからReactOSをインストールする] [SideMenu]